顔の力を抜くと、運動効果が高まる

shu
パーソナルトレーナーの
佐々木 周です。

 

今回は、「肩こり・腰痛などの不調を改善するために運動しているけど、なかなかよくならない・・・。」

という方に向けて書きます(^^)/

顔、力んでいませんか?

運動・特に筋トレをしている方って、歯を食いしばったり、顔をしかめていることが多いと思いませんか?

 

実はこれ、運動の質に大きく影響するんです。

「顔の力み」と動きの関係

ちょっとしたワークを行ってみましょう。

 

まずは肩を5回くらい後ろに回して

その感覚を覚えておいてください。

次に歯を食いしばって、眉間にしわを寄せたまま、肩を回してみると・・・

さっきよりも動きが固くなったり、肩が張るような感じがしませんか?

 

顔・アゴ周りの筋肉が緊張すると、体が緊張して動きが固くなるのです。

 

普通の顔に戻って肩を回しても、力んだ感覚が残ると思います。

 

 

次は、ボーっとした顔で深呼吸を2回してみてください(笑)

 

そしてもう一度、肩を回すと・・・

軽くなりませんか?(*^^*)

 

と、いうわけで

力んだ顔をしていると固い動きになり、

リラックスした顔をしていると、やわらかい動きになります。

顔の力を抜きましょう。

追い込んだ顔で運動してもいいのですが、不調を改善したいのなら、顔の力を抜いてみましょう。

 

全然きつくありませんけど?(・∀・)

みたいな感じで。

 

どうしても顔に力が入ってしまう・・・という人は、

 

ケロッとできる負荷から始めたり、

顔の緊張をゆるめるボディケアを取り入れてみてください。

 

ということで、次に、運動前や休憩中にサッとできるセルフケアをご紹介します。

顔の緊張をゆるめるケア

事前に「口の開けやすさ」や「笑顔のつくりやすさ」をチェックしておくと、目安になります。

①手のひらで、ほっぺをやさしくつつみ、2~3回深呼吸

 

②軽く口を開ける

 

③手のひらで、ほっぺをやさしくつつみ、2~3回深呼吸

 

④軽く口を開ける

口が開けやすくなったり、笑顔になるときの緊張が減っていれば成功です(*^^*)

敏感な方は、肩の動きや足回りの動きの変化も感じられるかもしれません。

まとめ

さて、ここまでは「顔の力みを減らしましょう」というお話をしてきましたが、運動するときに、豊かな表情をするのが間違いということではありません。

 

運動してる人がみんな無表情だったら、こわいです(笑)

 

「過度に力んでいると、もったいない」ということなので、

基本的には自然な表情で楽しんで下さいね(^^)

 

今回お伝えしたかったことをまとめると・・・

  • 顔が力んでいると動きが硬くなり、運動効果が出にくい。
  • 力んでしまう場合、ボディケアをして、なめらかに動けるようにする。
  • 特に、運動で不調を改善したい場合は、顔周りがリラックスすると効果的。

表情がやわらかくなると、身体はもっとラクに動くようになりますよ(^^)/

 


世田谷区 経堂のフィットネスクラブで

パーソナルトレーニングを行っています。

出張もできますので、お気軽にご相談ください(^^)

 

 

〈ブログトップへ