プロフィール

佐々木 周(ささきしゅう)

パーソナルトレーナー/セラピスト

【保有資格】

  • 健康運動指導士
  • adidas Functional Training trainer
  • さとう式リンパケア公認インストラクター
  • 国際ウェルネス協会公認MRTマスター

トレーナー歴12年目。3児の父。

大手スポーツクラブのスタッフとして、運動指導、生活習慣のアドバイス、グループレッスン、トレーナーの育成などを担当。

現在は東京を中心に機能改善のパーソナルトレーナー・セラピストとして活動している。

機能改善のパーソナルトレーナーになったきっかけ

これまでの経緯をお話しできたらと思います。

よかったらお付き合いください(^^)

陸上部で膝の痛みに悩む

僕は中学、高校と陸上部だったのですが、膝や股関節の痛みで思ったように走れず、悩んでいました。

病院に行っても、治療院に通っても改善しなくて、スポーツ障害の本を買って読んだのを覚えています。

なかなかよくなりませんでしたが、この経験が機能改善に興味を持つきっかけになりました。

不調を改善する仕事を目指す

高校2年生の時、身近な人から「膝が痛くて病院に行ったけど、よくならない。」と聞き、「こういう人の力になりたい。」と思うように。

高校卒業後は運動と健康について学ぶため、東海大学体育学部・生涯スポーツ学科に進学しました。

トレーナーになったものの、不調のある方のお役に立てない

大学を卒業後、トレーナーとして大手スポーツクラブに入社しましたが、壁にぶつかります。

 

お客さま「膝が痛いんだけど、どんな運動したらいいの?」

「病院には行かれましたか?」

お客さま「行ったけど、年だって。筋肉鍛えた方がいいって言われてさ。」

「こちらの運動を無理のない範囲で・・・」

お客さま「これでホントによくなるの?」

「・・・(自信がない)。」

 

みたいなことがたくさんあり、もっと不調や病気について学ぶ必要があると痛感。

同時に、不調を改善する効果的な方法がわからない方が多いとも感じ、目指す方向が固まってきました。

パーソナルトレーナーとして活動を始める

トレーナー2年目から、業務委託のパーソナルトレーナーとして活動を始めました。

お客さまとしっかり向き合えるマンツーマンのサポートをしたいと思ったからです。

コンディショニングを学ぶ

その頃、パーソナルトレーナーの先輩から「ホリスティックコンディショニング協会」のアカデミーに誘われました。

※ペア割で安くなるからという理由で(笑)。

 

不調の原因を見立てる視点、身体の調整、機能的なトレーニング、たくさんの学びに感動しながら、120回以上受講しました。

その中で中学生の頃から課題だった、膝や股関節、足首の不調が解消。

この頃の学びが僕の基礎になっています。

まさかの頭痛持ちになる

その後、順調にトレーナー業をしていたのですが、20代後半になって頭痛持ちに。

朝起きると首に変な感じがあって、昼頃になると首肩が硬くなって、午後は頭痛になり、夕方は立っているのがきつくなり、背筋を伸ばすと吐き気がして、何とか帰宅して、そのまま寝る・・・。

週に何日かはそんな調子でした。

 

「筋肉が硬いのかな?」とストレッチをしたり、筋膜をいじったり、体幹を鍛えたり、色々やっても改善せず、トレーニングすると悪化する・・・。

トレーナーがトレーニングして体調不良って!

機能改善のプロとして説得力がないし、自分と同じような悩みを持つ方のお役に立てない、と悩みました。

身体をゆるめ、頭痛とさよならする

なかなかよくならない頭痛と肩こりを改善するため、僕が学び始めたのは「ゆるめること」。

その中で、顎関節症の治療から発展した「さとう式リンパケア」に出会います。

(小顔やスタイルアップなどの美容効果と、様々な不調の改善が期待できる健康法です。)

 

顎の関節や口腔機能など、それまで盲点だった分野を学んでいくうちに、僕の頭痛と肩こりは気にならなくなっていきました。

 

身体の使い方が変わり、

疲れにくくなり、

仕事に集中できるようになり、

家族との時間に笑顔が増えました。

 

5年くらい悩みましたが、多くの学びと成長につながる経験でした。

現在

僕は機能改善のパーソナルトレーナー/セラピストとして活動しています。

不調を改善したくて色々やっているのに効果が実感できない、というのは本当に苦しいこと。

悩んでいる方に「これならよくなりそう!」と笑顔になっていただけたときや、前向きなお声が聞けたときは、本当にこの仕事をしていてよかったと思います。

 

これからも学び続け、人生を豊かにするお手伝いをできたら、と思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

〈トップページへ