膝の痛みを改善する、重心の話

shu
パーソナルトレーナーの
佐々木 周です。

 

今回は、よくある膝痛の原因

「つま先重心」について。

 

セルフケアもあるので、よかったら参考にしてみてください(^^)/

 

痛みがある場合

まずは医療機関の受診をおすすめします。

その上で、今回の記事を参考にしてみてください。

膝に負担をかける、つま先重心

「長く立っていたり、しゃがんだりすると、膝が痛む。」

という方の立ち姿勢を見させていただくと、

 

つま先重心になっていることが多いです。

 

なぜ、これが膝の痛みと関係するのかというと

 

つま先に体重をかけてしゃがむと、膝が大きく動きます。

逆に、かかとに体重をかけてしゃがむと、股関節が大きく動きます。

試しにやってみてください(^^)/

 

つま先に寄せると、膝が前後にツンツン動き、

カカトに寄せると、前後の動きが小さくなります。

 

つまり、

つま先重心になっていると、膝を使いすぎてしまうのです。

(カカト重心をおススメしているわけではありません)

 

治療をしても、

膝の筋肉を鍛えても、ケアしても、

なかなか痛みが改善しないという方は、

 

このような使いすぎが起きているのかもしれません(>_<)

つま先重心の要因

  • ストレスによる食いしばり
  • アンバランスな呼吸
  • 反り腰
  • カカトの高い靴

参考までに。色々な要因があります。

理想の重心

立位の重心の理想は「すねの骨の真下」。

 

筋肉の緊張が少なく、つま先にもカカトにも荷重がかかり、

ラクに立つことができる位置です。

 

しかし、

無理に修正しようとすると、ぎこちなくなってしまうこともあります。

 

これは、

「ねこ背の人が無理に背すじを伸ばすと疲れる」とか

「O脚の人が無理に膝を閉じようとして、膝を痛める」のと同じ。

 

なので、今回は無理なく重心のバランスを整えるケアをお伝えします(^^)/

重心バランスを整えるケア

ふくらはぎの筋肉をゆるめます。

①立ち上がり、「足裏の感覚・膝の動きやすさ」をチェック

(裸足・硬い床がわかりやすい)

 

②座って、ふくらはぎをなでる

(床でもイスでもOK)

30秒~1分くらい、やさしく羽でなでるように。

※腰などが疲れないように、心地よく行う。

 

③立ち上がって「足裏の感覚・膝の動きやすさ」をチェック

足裏がピタッとする感じ、膝の動きが滑らかになるような感じがあれば成功。

なぜ、ふくらはぎ?

ふくらはぎの筋肉が緊張していると、つま先重心の傾向が強くなります。

(つま先立ちをすると、ふくらはぎの筋肉が緊張するのを感じられると思います。)

というわけで、ふくらはぎの緊張をゆるめると、重心のバランスが改善され、膝の負担を軽減する効果が期待できるのです。

よいバランスを身につけるために

適切なケアを行うと一時的に重心バランスは整いますが、できればそれだけで終わらず、整った状態で動いてみてください。

家の中を歩く、お散歩をする、適度な運動でもいいです。

 

整った身体で、

いつもよりよい動きを経験する。

 

それを積み重ねていくと、よいバランスを身につけることができます。

 

ぜひ、試してみてください(^^)/

 


世田谷区 経堂のフィットネスクラブで

パーソナルトレーニングを行っています。

出張もできますので、お気軽にご相談ください(^^)

 

 

〈ブログトップへ