慢性的な痛みの原因は、別のところにある。

shu
パーソナルトレーナーの
佐々木 周です。

 

慢性的な痛みが改善しない方は

 

肩コリだから、肩をマッサージする。

肩周りが弱いから鍛える。

 

腰痛持ちだから、腰をマッサージする。

腹筋・背筋が弱いから鍛える。

 

膝が痛いから、膝周りのストレッチをする。

膝の周りが弱いから鍛える。

 

というように、

痛いところにフォーカスしていることが多いのではないでしょうか?

 

「あ、そうかも(・o・)」

という方は読んでみてください。

改善のヒントになるかもしれません(^^)/

痛みがある場合

まずは医療機関の受診をおすすめします。

その上で、今回の記事を参考にしてみてください。

慢性的な痛みの原因は、別のところにある。(ことが多い)

例えば、立ちしゃがみで膝が痛む場合、一般的には膝周りの治療やトレーニングによって改善を目指すことが多いのですが、

立ちしゃがみで動くのは膝だけではありません。

足首や股関節、上半身の状態も関わってきます。

実際に膝痛の方をサポートさせていただくと、足首や股関節の問題によって痛みが出ている、というようなケースが多いと感じます。

 

膝の以外の要因が大きい場合は、

膝の筋肉を鍛えても痛みを改善するのは難しいし、

膝の治療をしても、また痛くなるかもしれません。

 

考え方は、肩コリでも腰痛でも同じです。

根本的な改善を目指すなら、膝以外のバランスも整えて、負担を減らしていくことが大切。

 

「痛いところにアプローチしても、なかなかよくならない」という場合は、他に原因があるのかもしれません。

「ここが悪い!」と決めてしまわずに、

カラダ全体を見ていきましょう。

 


世田谷区 経堂のフィットネスクラブで

パーソナルトレーニングを行っています。

出張もできますので、お気軽にご相談ください(^^)

 

 

〈ブログトップへ