年齢を重ねても元気でいたいなら「貯筋」について考えましょう。

shu
パーソナルトレーナーの
佐々木 周です。

 

年齢を重ねても元気でいたい。

自由に動ける身体でいたい。

好きなことができる身体でいたい。

かっこいい身体でいたい。

 

そのために大切なことは色々あると思いますが、

今回は「貯筋」についてお伝えします。

 

「体力が気になる・・・」という方は参考にしてみてください。

「貯筋」はありますか?

個人差はありますが、筋肉の量は20歳くらいをピークとして、70歳では半分にまで減少します(太ももやお尻の筋肉)。

それもあって多くの方は、足腰が弱くなったと感じるようです。

 

では、なぜ筋肉が減ってしまうのか?

年だから・・・?

 

いえ、それだけではありません。

身体を動かす機会が減ることも大きな要因です。

 

逆に言うと、習慣的に身体を動かしていれば、それに応じた筋肉が維持されます。

これを将来への備えとして「貯筋」といいます(*^^*)

貯筋するなら「筋トレ」

貯筋のポイントは日常よりも大きな負荷をかけること。

例えば、スタスタ歩ける人が、普通のウォーキングをしても筋肉は増えません。

 

もちろん、筋肉量の低下をゆるやかにする効果は期待できますが、

体力的な余裕を生むほどではないと思います。

 

そこで、僕が貯筋におススメするのは「筋力トレーニング」

工夫をすれば、日常よりも大きな負荷を安全にかけることができます。

 

また、筋力トレーニングには、筋肉を強化するだけでなく「理にかなった動きを習得する」という面も。

例えば、スクワットで膝にやさしい立ちしゃがみの仕方を身につける、というようなこともできるのです。

筋力トレーニングの注意点

それは、正しく行わないと効果がないばかりか、怪我のリスクがあるということです。(負荷が大きくなるほど、リスクは増します。)

「不調の改善を目指していたのに、悪化してしまった。」なんて、悲しすぎますね。

痛みや違和感はないか?

「なんだか肩がひっかかる」

「膝がミシミシする」

「首に負担を感じる」

「腰にくる」

これらはトレーニングフォームが崩れていたり、筋肉の動きに制限があったりするときに感じるもの。

怪我のリスクが高い状態です。

 

対応としては、身体を整えるケアや負担の少ない運動から始めた方がよいでしょう。

医療機関の受診も必要かもしれません。

自己流で無理をせずに、運動の専門家(パーソナルトレーナーなど)に相談してみてください。

無理なく始めよう

食事に気を付けても、整体に通っても、

「身体を動かす」という刺激を与えなければ、筋肉は少しずつ減っていきます。

 

「筋トレはハードルが高い」という方は、

1日10分でも歩く機会を増やすとか、

通勤で早歩きをするエリアをつくってみるとか、

階段を歩くとか(下りはエスカレーターでもOK(^^))、

デスクワークが続いたら伸びをしてみるとか、

小さな負荷でもいいので、刺激を増やしてみませんか?

 

また、「身体がつらくて、そんなの無理(>_<)」という方は、

心身を癒し、整えることがスタートになると考えてください。

 

まずは何かを始めることです(*^^*)

 


世田谷区 経堂のフィットネスクラブで

パーソナルトレーニングを行っています。

出張もできますので、お気軽にご相談ください(^^)

 

 

〈ブログトップへ