膝の痛みと「つま先重心」

shu
パーソナルトレーナーの
ささき しゅうです。

 

今回は、よくある膝痛の原因

「つま先重心」について。

 

セルフケアもあるので、よかったら参考にしてみてください(^^)/

 

痛みがある場合

まずは医療機関の受診をおすすめします。

その上で、今回の記事を参考にしてみてください。

膝と重心の関係

「長く立っていたり、しゃがんだりすると、膝が痛む。」

という方の立ち姿勢を見させていただくと、

 

つま先重心になっていることが多いです。

 

なぜ、これが膝の痛みと関係するのかというと

 

つま先に体重をかけてしゃがむと、膝が大きく動きます。
逆に、かかとに体重をかけてしゃがむと、股関節が大きく動きます。
試しにやってみてください(^^)/

 

つま先に寄せると、膝が前後にツンツン動き、

カカトに寄せると、前後の動きが小さくなります。

 

つまり、

つま先重心になっていると、膝を使いすぎてしまうのです。

(カカト重心をおススメしているわけではありません)

 

治療をしても、

膝の筋肉を鍛えても、ケアしても、

なかなか痛みが改善しないという方は、

 

このような使いすぎが起きているのかもしれません(>_<)

つま先重心の要因

  • ストレスによる食いしばり
  • ストレートネック
  • アンバランスな呼吸
  • 反り腰
  • カカトの高い靴

色々あります。

理想の重心

立位の重心の理想は「すねの骨の真下」です。

 

筋肉の緊張が少なく、つま先にもカカトにも荷重がかかり、

ラクに立つことができる位置なのですが、

 

ここに体重を乗せようとしても、ラクに感じないことがあります。

 

なぜでしょう?

重心は意識しなくてもよい。

つま先でも、

カカトでも、

理想の位置でも、

重心をコントロールしようとすると、ぎこちなくなってしまうことがあります。

 

理想をイメージしていくのはよいことですが、

バランスが偏っている状態で、無理に修正しようとすると、力が入ってしまうのです。

 

これは、

「ねこ背の人が無理に背すじを伸ばすと疲れる」とか

「O脚の人が無理に膝を閉じようとして、膝を痛める」のと同じ。

 

そんな場合は、意識をしなくてもバランスがとれるように整えることから始めてみましょう(^^)/

バランスを整えるセルフケア

今回は足元からのアプローチです。

 

※普通の靴下だとやりずらいので、

裸足か5本指ソックス、さとう式リンパケアのフレクサーソックスなどで行ってください。

ラクに立てる感じや、安定感が増していれば成功です(^^)

よいバランスを身につけるために

適切なボディケアを行うと重心バランスは整いますが、

できればそれだけで終わらず、

整った状態で動いてみてください。

 

家の中を歩く、お散歩をする、適度な運動でもいいです。

 

整った身体で、

いつもよりラクな動きを経験する。

 

それを積み重ねていくと、よいバランスを身につけることができます。

 

ぜひ、試してみてください(^^)/

 


世田谷区 経堂のフィットネスクラブで

パーソナルトレーニングを行っています。

出張もできますので、お気軽にご相談ください(^^)

 

 

〈ブログトップへ