立ちしゃがみで膝が痛むなら

shu
パーソナルトレーナーの

ささき しゅうです。

 

「立ちしゃがみしたときに、膝が痛い。」

という方に向けて、改善策をお伝えします。

痛みがある場合

まずは医療機関の受診をおすすめします。

その上で、今回の記事を参考にしてみてください。

膝中心の動きになっていませんか?

こちらの写真を見比べてみてください。

左は、膝が大きく前に出ていて、

右は、膝の動きが小さくなった分、お尻が後ろに引けています。

 

膝の負担が大きいのは、左側の動き。

立ちしゃがみで膝に痛みを感じる方の多くに、このクセが見られます。

 

鏡があれば、立ちしゃがみの動きを観察してみてください。

 

膝中心の動きになっていたなら、

お尻を後ろに引くようにしてしゃがんでみてください。

上半身は、お辞儀をするように前に傾けましょう。

 

膝の負担が股関節に分散して、

膝がラクになると思います。

 

試してみてください(^^)/

トレーニングの注意点

慢性的な膝の痛みがある場合、

お医者さんから筋力トレーニングをすすめられることがあります。

 

よく聞くのは「太ももの筋肉を鍛えてください。」というもの。

確かに、膝を守るためには、ある程度の筋肉が必要です。

 

しかし、注意点も。

 

膝中心の動きがクセになっている方が、

それを知らずにトレーニングをすると、どうなるでしょうか?

 

例えば、その状態でスクワットをしたら、

膝を使うクセが強まる危険があります。

筋力が高まれば、痛みは改善するかもしれませんが、効率的とはいえません。

 

まずは、膝への負担が少ない動きに改善すること。

そして無理なく、バランスのよいトレーニングをしていきましょう。

機能改善のポイント

まず大切なのは、自分の姿勢や動きについて知ること。

それがわからないままでは、なかなかよくなりません。

 

トレーニングをしても効果を感じられないのであれば、

パーソナルトレーナーなどの専門家に相談してみてください。

 

1人で悩むみながら行うトレーニングとは、全く違う視点がありますよ(^^)/

 

↓こちらも、参考になるかもしれません。

膝の痛みと「つま先重心」

 


世田谷区 経堂のフィットネスクラブで

パーソナルトレーニングを行っています。

出張もできますので、お気軽にご相談ください(^^)

 

 

〈ブログトップへ